自己破産後はキャッシングできないの?

自己破産者にお金を貸してはいけないという法律はない、けれど……

自己破産するまで借金をしておいて、まさかまだ借金をするつもりがあっただなんて!
これで金夫くんと会わないと思うと少し寂しい気もしたけれど、会う機会があると考えた方が恐ろしいわ……。

自己破産をした人にお金を貸してはいけないという法律はありませんので、厳密に言うと絶対にお金を借りられないわけではありません。
例えば、家族や親戚であれば、自己破産をした後でもお金を貸してくれるかもしれません。

しかし、自己破産をすると官報に名前と住所が掲載され、役所の破産者名簿、信用情報機関に自己破産をしたという情報が記録されてしまいます。
この情報は銀行やキャッシング業者が確認することのできる情報ですので、自己破産の経歴を隠し通して借金をするということは不可能です。
そのため、貸金業者からお金を借りるということは不可能になるでしょう。

たまに「自己破産した方にも貸します」「ブラックでもOK」といった貸金業者のチラシを目にすることがありますが、それらは全てヤミ金のチラシだと考えて間違いありません。

こうしたところからお金を借りると一生付きまとわれることにもなりかねません。
こうした法外な貸金業者は法律なんてまるで無視。違法な高金利や取立てを平気でしてきます。
こうなると、借りた本人だけでなく、家族や周りの人にも多大な迷惑をかけることもあります。
どれだけお金に困ってもこういうところからお金を借りてはいけません!

自己破産情報は5年から7年ほどで消える

しかし、こうした自己破産情報も、永遠に記録されているわけではありません。
5~7年ほど時間が経てば、どこの情報からも削除されます。
(ただし、発行されてしまった官報に掲載されている名前は消しようがありません。
が、そんな古い官報を確認する人はいませんので、ご安心を)

信用情報機関であれば、簡単に事故情報を取り寄せることができます。
気になる方は一定期間が経過した時点で事故情報を問い合わせてみるといいでしょう。

ちなみに、情報が残っている間は、お金を借りるだけでなくクレジットカードを作ることも難しいと覚えておいてください。

クレジットカードは作る際に、信用情報機関で事故情報を確認します。
なので、記入する情報をどれだけごまかしても自己破産をした情報を隠すことはできません。

デビットカードやお金をチャージして使うカードであれば持つことができますので、カードを持ちたい理由が「お金を持ち歩きたくない」という理由だけであれば、こうした物を活用してみましょう。

このページの先頭へ