自己破産したら保証人の債務はどうなるの?

自己破産で免責を受けた借金は全て保証人が肩代わりすることに・・・

「自己破産をすると借金がなくなる」というイメージがありますが、実は借金が消えてなくなるわけではありません。

債務者(お金を借りている人)が自己破産をして免責を受けた(借金を0にしてもらった)時、その借金を支払う義務が債務者から保証人に移ります。 つまり、保証人が肩代わりするということになるのです。

『保証人』というのはそもそも「この人がお金を返せなくなった時、私が返してあげます。
だから安心してこの人にお金を貸してあげてください」という署名です。
債権者(お金を貸す人)「保証してくれる人がいるのなら」ということでお金を貸してくれます。

なので、『自己破産をする=借金を返済できない状態』に陥ってしまった時、保証人は代わりに返済しなければならないのです。

もし、保証人になっている借金の債務者が自己破産してしまい、保証人も借金が返済できない場合は、保証人も一緒に自己破産するしかありません。
「自分の借金じゃないから払いたくない」と言っても、一度署名してしまった契約は覆すことができません。
腹をくくって、自己破産をするか、返済をするかどちらか選びましょう。

(ただし、「気付かないうちに勝手に保証人にされていた」という場合は別です。
人を勝手に保証人にするのは犯罪ですので、そんな時は警察に相談しましょう)

保証人と連帯保証人の違い

借金関係の保証人の話を聞いていると、単なる『保証人』ではなく『連帯保証人』という言葉を耳にします。
この2つは、似て非なるものですので、しっかりと覚えておきましょう。
(ただし、どちらの場合でも債務者が自己破産した場合には借金を肩代わりする義務があります。軽い気持ちで署名しないようにしましょう)

単なる『保証人』の場合は、相手が自己破産でもしない限り、借金を取り立てられることはありません。
もし取り立てられた場合、「債務者本人から返してもらってください」で終了します。

しかし、『連帯保証人』の場合はそうはいきません。
連帯保証人は、債務者と同等の責任を持ちます。つまり、債務者が自己破産しなくても返済をする義務があるということです。

もし借金の返済を求められた場合は、債務者が自己破産していてもしていなくてもそれに応じなければいけません。

こうした素質の違いから、よほど信頼できる人でないと連帯保証人になるのは非常にリスクが高いと言われています。
信頼できる人以外、保証人にはならないようにしましょう。

この債権者くんは、金夫くんのこと信頼してるからお金を貸してくれたってことよね。
金夫くんって意外と信頼厚い人なのかしら……。

このページの先頭へ