自己破産で免責を受けたら借金はゼロになる?

免責を受けて借金0円にするためには支払う代償もある

自己破産を申請し、免責を受けられることが決定すると、「借金0円」になります。
例え借金が巨額であったとしても、免責を受けた時点で「0円」となり、返さなくてよくなるんですね。
もちろん、免責を受けるためにはさまざまな条件があります。
持っている財産も全て処分しなければいけません。財産を手放す際に発生したお金で借金の一部を返済するという形になるのです。

「じゃあ、実質チャラじゃない」と思われるかもしれませんが、もし財産を100万円程度しか持っていなかったとしても、1000万円の借金がチャラになるんですよ?
これはかなり大きいのではないでしょうか。

逆に考えて、自分の持っている財産の金額が明らかに借金額よりも大きい場合、自己破産はしない方がいいかもしれません。
自分で財産を売却して得たお金で借金返済してしまえば、おつりが来るかもしれません。
ほとんどの人の場合、持っている財産の中で1番大きなものは「家」なので、これを失うということはかなり苦しい選択かもしれませんが……自己破産を考えなければいけないところまで来てしまったのであれば、仕方ありませんね。

免責を受けて借金なし』でも支払わなければいけないお金

免責を受けても、全ての借金・滞納している支払いが0円になるというわけではありません。
貸金業者や消費者金融はもちろん、個人から借りたお金も、免責を受ける際に「債権者一覧」に書かれていた借金は全て0円になります。
しかし、公的な支払い義務的な支払いに関する借金は、免責を受けても0円にはならないのです。

例えば、税金や罰金といった公的機関に支払わなければならないもの。
これらは支払う義務がありますので、免除にはなりません。
一度に全て払えないにしても、役所や警察署に行って、分割払いなどの相談をして払うようにしていきましょう。

また、家族にかかるお金。養育費や扶養義務に基く借金にも、支払い義務があります。
子どもにかかった学費や、家族の生活費などがこれに当てはまります。
その他にも、事故や事件を起こして損害賠償を請求されている場合、それは支払わなければいけません。

それに加えて、これは免責を受ける人が任意で選べるものですが、免責を受ける際に提出した「債権者一覧」に掲載されていない借金に関しても、免除がありません。
これは、免責を受ける本人が「この人から借りた借金はちゃんと返したい」と任意で債権者一覧から外すことができるのです。
例えば、身内や友達、懇意にしていた銀行などがあります。
「この人からの借金は返さないと、のちの人生で不利になる」といった借金を選んで返済することができるんですね。

……こうやって考えてみると、確かに金夫くんは借金以外に滞納しているお金ってあんまりなさそうね……結婚もしていないし、特に警察にもお世話になっていないみたいだし……。
あって、税金滞納ぐらいかしら?あー、してそう、金夫くん税金滞納してそう……。

このページの先頭へ