お会計時で困った外国人

0d2c7a4bc41f66acb29d885bf1978a27_s

国際空港のレストランでバイトをしていたときの話です。

ある二人のアジア人がレジで飲食代を支払おうとしていたときのこと。

小さな小銭入れはパンパンに膨れ上がっていました。たくさんの小銭をもっているんだなあと思っていました。普通ならパパっと払ってお店を出ていくのですが、その二人はなかなかレジの前を離れません。

お昼時だったので、彼らの後ろで会計を待つお客さんが増えてきました。

どうしたんだろうと思って、レジに近づき小銭トレイを見てみると、円やらドルやらウォンやらいろんな国の小銭が置かれていてました。本人たちはどの小銭が日本円なのか全く分かっていなかった上に、お札を持ち合わせていませんでした。

私は彼らのお財布から円だけを抜き出して、支払いを済ませられるに助けてあげてください、とレジ係に伝えました。数分後ようやくお会計が済んでありがとうございました、とレジ係が言ったときに店長が出てきました。もっと早く出てきてあげてよ、と思いながら私もその場を離れようとしたとき、レジ係が「あっ、これ円じゃない。」と焦り出しました。そばにいた店長は仕方がないな、もういいわ、と言って諦めました。

でも私はものすごく悔しく感じました。きちんと分別していればいいだけのこと、たった10円のことでしたが、もしそれを分かったうえでやっていたら詐欺じゃないの!と思い、彼らを追いかけました。そしてこの貨幣はこの店では使えないから、と伝えてお店に戻って払いなおしてもらいました。

 

観光客のトラブルは後を絶たない

最近では観光地やテーマパークに行くと、日本人より海外の方が多い、なんてこともあります。

店員が英語に長けていても、支払い時のトラブルは後を絶たないようですね…。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ