お金の切れ目は縁の切れ目

6d0658a647933687d82f804b4e3a556e_s

お金はとても大切だと思っています。

それは、私が昔、実の姉と絶縁したきっかけがお金だったからです。

私は、就職してから数年して、正社員として勤めていたブラック企業から退社しました。

その後しばらくは、正社員の仕事も見つからなくてフリーター暮らしをしていたのですが、やはりその間は金銭的にはかなり苦しくてお友達とお茶するのすら避けてしまう日々でした。

お金がかかるので、約束出来なかったんです。

まさにその日暮らしという言葉が似合う生活でした。

そんな毎日で、たまに結婚して家を買い、子供もいて薬剤師の仕事もしている姉から良くお誘いがありました。

電車で往復二時間、交通費千円の距離にある姉の家に遊びに来いと言うのです。

姉は家族で仲良くしたいからだというのはわかっていました。

本当は私はお金の余裕がないのでいつも断りたかったんです。

けれど断ると機嫌が悪くなるから仕方なくなるべく受けていたのですが、本当にお金はかつかつで手土産を持っていけない時もありました。

すると、ネチネチと、人の家に来るのに手土産もないとか常識がないとか言い出したのです。

値段は安くても何かしら持って来るだろうと言われました。

もう、その時に姉のためにお金を使うのはまっぴらごめんだと思いました。

二度とお金を姉の関係で使わないと心に決めて、連絡を絶ちました。

お金に困ったことのない彼女には私の気持ちなんて分からなかったのだと思います。

 

他人に自分の当たり前を押し付けてはいけない

自分の価値観に関しては、きちんと話さなければ誰にも理解してもらえません。

特にお金の問題に関してはこうしたトラブルに発展しやすく、それはどんな間柄でも同じことです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ