任意整理したらクレジットカードは使えなくなるの?

任意整理では財産は処分されない

嫌いじゃありませんけども言いたいことはたくさんあります……ありすぎてもう……。

任意整理をすると、基本的にはクレジットカードは使えなくなる・作れなくなると考えておいた方がいいでしょう。
任意整理をしたことが信用情報機関に【事故情報】として掲載されてブラックリスト登録状態となってしまうからです。
こうなると、「お金を借りる」関連の企業からは嫌われてしまいます。ブラリとか言ってる場合じゃないです。

しかし、金夫くんが言っている通り、すでに持っているカードが任意整理後でも使える場合があるんですね。

これはそのクレジットカードの返済を滞らせた事がなく、任意整理の際もそのクレジットカードの分は整理せずに返済を続け、なおかつまだそのクレジットカード会社に事故情報が伝わっていない時にあり得る状態です。
任意整理は交渉する相手を選ぶことができますので「この会社にはこれからもお世話になりたい」と思っている会社を交渉相手から外すことができます。
そうしておくと、任意整理をした後もカードを使い続けることができるんですね。

担保にしている物・支払いの終わっていない買い物は取り上げられることも

しかし、クレジットカードを更新する際に、カード会社が再度信用情報機関に情報を問い合わせた場合、事故情報が伝わってしまいます。
そうなると、それまで使えていたクレジットカードも使えなくなってしまうでしょう。
これまできっちり返済を続けていたということで見逃される場合もなくはないですが、これはものすごく可能性が低い話なので、期待しない方が良いです。

こういう時は「何で使えなくなったんだ!」とあわてず騒がず、自分が任意整理をしたことを思い出すことが大事です。
任意整理後は、基本的に現金での生活を心がけるようにしましょう。

もちろん、クレジットカードだけでなく、ローンも組めなくなります。
なので、しばらくは大きな買い物はできません。
もし任意整理したことを家族に隠していても、こうした場面でバレてしまうこともあるかもしれませんから、家族のいる方はは要注意ですね。

特に「お父さん」の立場の人は、大きな買い物の際に家族を代表してローン名義人となることがほとんどです。
うっかり車を買おうとして任意整理がバレて家族会議……なんてことにならないようにしましょうね。

このページの先頭へ