任意整理したら必ず借金はなくなるの?

借金が必ずなくなるわけではない。減額すらできないこともある

グレーゾーンのところからばかり借りていたということに、危機感を覚えるということはないのかしら……ポジティブなのはいいことだと思いますけどね……。

債務整理の中でも一番簡単な手続きで終了できる「任意整理」ですが、この方法で減らすことのできる借金は消費者金融などから借りていたお金だけなんです。
なぜ消費者金融などから借りていたお金しか減額できないのか?というのは、利息制限法という法律に理由があります。

基本的に、貸金業者はこの利息制限法を遵守しなくてはいけません
。 この法律で決められた以上の利息は債務整理で返還を要求することができるのです。

※ 【利息制限法の金利上限】と【出資法の金利上限】は異なっており、前者は消費者金融などの民間会社に当てはまる場合が多く、刑を科されることはありません。
  後者の出資法の金利上限を上回った金利を要求した場合、刑事罰の対象になります。
 詳しくは「ヤミ金から借りたお金は返さなくていいの?」を参照してください。

なので、銀行や信用金庫などといった大きな会社・貸金だけで運営されているわけではない会社は、この法律を守った利息を付けてお金を貸します。

任意整理ができる人、できない人の違い

しかし、消費者金融などのキャッシング会社は、ほぼ貸金のみで運営されています。なので、少しでも多く利息を取りたいというのが実情なんですね。
なので、この利息制限法を超えた金利を設定している場合が多いのです。

借金している利息がこの利息制限法を越えている会社に対しての債務(借金)のみ、任意整理で減額させることができます。

しかし、必ず任意整理が成功するとは限りません。
返済している期間が短くほとんど利息を支払っていない・借りている金額が少ないといった場合には、任意整理をしても意味がない(手数料の方が高くなってしまう)ということもあるんです。
長い期間返済を続けている、非常に高い金額の借金を完済した人であれば、任意整理をする価値も大きくなるでしょう。

もし、銀行系の債務を整理しようと思うと、個人再生や自己破産といった部分に踏み込んでいかなくてはいけません。

金利に差があるのに、なぜ消費者金融からお金を借りる人が後を立たないのかと言いますと、銀行や信用金庫よりも審査が甘く、借りられる人の幅が広いからです。
銀行の審査に通る人はわざわざ消費者金融から借りるようなマネはしません。
消費者金融は、銀行の審査に通らないような人をターゲットとし、お金を貸しているんです。

ターゲットにならないように、お金は計画的に使いましょうね。

このページの先頭へ