任意整理中に家族名義のクレジットカードは作れるの?

所得のある家族であれば、任意整理に関係なくクレカは作れる

どれだけ変装をして他人になりすましても、絶対に他人名義ではクレジットカードを作ることはできませんよ!!!
例え家族でも「他人名義」であることには違いありません。
他の人の名前でカードを作ることはできませんし、犯罪にもなってしまいます。これだけは絶対にやめましょう!

金夫くんにも話した通り、任意整理中でもご家族の方には影響はありません。
借金も任意整理もあくまで「借金した本人のもの」です。

奥さまに限らず、所得がありクレジットカードの審査資格を持っている家族であれば、他の家族が任意整理中であってもクレジットカードを作ることはできます。
家族が任意整理中であるということが審査に関わることはありません。

しかし、それはもちろん、ご家族にカード会社の審査に通るだけの所得がある場合の話です。
所得がない場合は、当然ながら審査は通らないと考えておきましょう。

また、最近は所得のある人が本会員となり、その子カードとして利用できる「家族カード」を使っている家族が増えてきました。
本会員さえ審査が通れば家族カードは所得などの審査が不要ですので、所得のない専業主婦や奥さまでも持てる便利なカードです。
もし奥さまが本会員の審査に通れば、任意整理している人でも家族カードを持つことができます。

逆に、本会員になっている人が任意整理を始めてしまったら……。
本会員のクレジットカードが使えなくなった時点で、家族カードの利用もできなくなります。
家族カードには任意整理をしている本人の名義は書かれていませんが、実質その人のカードということになります。
なので、家族カードを利用している方は、任意整理の際、先に家族と相談する必要があるでしょう。

債務整理が家族に影響する場合

しかし、もし連帯保証人になっている状態で自己破産などの「借金を返済しない債務整理」をされてしまった場合、話は変わってきます。
自己破産などで借金の返済を放棄した時点で、その借金は連帯保証人名義の物になってしまいます。

そうなると、本人は借金していなくとも借金をしたことになってしまうので、クレジットカードなどの審査にも関わってきます。
連帯保証人となる際は、くれぐれもお気をつけて……。
家族といえども、安易に連帯保証人になってはいけません。

ここまで「任意整理をしている本人以外」の話をしてきましたが、実は任意整理中でも絶対にクレジットカードが持てないわけではありません。
確かに、ブラックリストに登録されてしまうと5~10年はクレジットカードの審査が通りにくくなります。
しかし、「絶対に通らない」ということではありません。

審査落ちしたカード会社以外で申し込んでみたら通ったという話もあります。
これは、カードの審査基準がクレジット会社に完全に委ねられているからなんです。
ブラックリスト登録後でも、返済能力などを別の視点から審査してくれるカード会社も全くないわけではありません。

どうしてもクレジットカードが必要な場合は、審査が緩いと言われているカード会社を選んで審査申請してみましょう。

このページの先頭へ