任意整理をお願いしたら給料は差し押さえになるの?

しっかりと返済をしていれば任意整理で給料を差し押さえられることはない

任意整理は「借金を計画的に返済します」という約束のもとで現在の借金返済をラクにしてもらえるシステム。

遊ぶお金は、その月の返済を終えて、生活費にいくら利用するかを見立てて、余ったお金で始めて生まれるぐらいの気持ちでいなければいけません。
任意整理の際、月々どの程度の収入があるかをチェックされ、「この額なら○万円まで返済できる」といった予定が立てられるので、ごまかしは効きませんよ!

さて本題です。
「任意整理を開始すると、給料が差し押さえられるか?」という問題ですが、任意整理を始めたという理由で給料が差し押さえになるということはまず考えられません。

というのも、何度も言うように任意整理は「借金を計画的に返済しますから、ちょっと待ってください」と債権者(お金を貸している側)に交渉するシステムです。
「返済する」と言って、「では毎月○万円返してくださいね」という交渉が成立すれば、給料を差し押さえる意味が債権者にはありません。
そんなことをせずとも、毎月決まった額が返済されるんですからね。

返済を滞納すると任意整理計画がなしになってしまうことも

もちろん、返済が滞った場合はこの限りではありません。
返済を滞らせるということは、「計画的に返済します」という約束をやぶってしまったということ。
ひと月程度の滞納では差し押さえされることは考えにくいですが、ふた月以上滞納してしまうと話は変わってきます。

任意整理の際に一度まとまった約束(将来的に利息を安くしますetc)がなしになったり、給料の差し押さえが始まってしまうかもしれません。
そして一度約束をやぶってしまうともう一度任意整理を行うことは非常に難しいと言えます。

しっかり返済を続けていれば、何の問題もありません。
むしろ、任意整理をした後とする前では、する前の方が差し押さえされる可能性が高いんですよ。

弁護士や認定司法書士といった専門家を介入させると、通常の業者はなかなか差し押さえまで踏み切ってきません。
債務者(お金を借りた側)が専門家を介入させるということは、借金返済の意思があるということです。
給料の差し押さえはかなりの手間がかかるので、返済の意思を明確にしている人に対して差し押さえを行うのは、債権者にも大きなデメリットがあるんですね。

給料の差し押さえが実行されれば、手取り額の4分の1程度持って行かれてしまいます。
給料の4分の1の額が上限ですので、それ以上は持って行かれません。しかし、4分の1はかなり大きい額ですね。
手取り額が20万円だとすれば、5万円……これはかなり厳しい生活を強いられるのではないでしょうか。

そうならないためにも、任意整理を始めたらきっちりしっかり返済すること。
これさえ守れば、何も心配することはありません!

このページの先頭へ