任意整理中に生活保護は受けられるの?

借金を持っている人の生活保護はほぼ認められない

任意整理で借金を返済中であっても、「申請」をすることはできます。
「申請」ということは、つまり「お金に困っているのでお金をください」と役所にお願いをすることです。

しかし、借金返済中の人にお金を渡すということは、イコールその人の借金返済を手伝っているということ。
生活保護のお金は国民の方々が納めている税金から支払われます。
一生懸命納めた税金が、他人の借金返済に使われる……これを快く思う人はいないでしょう。

そうした理由から、借金返済中の人は生活保護の申請が通りにくい状態になっていると言えます。

任意整理は1番デメリットの少ない債務整理手段。
そうした手段を取っておきながら、お金がないから補助してくださいというのはいけませんね。

もし、借金返済をしたら手元にお金が残らない、生活していけないという場合は、任意整理ではなく自己破産などの手続きを取るしかありません。
さまざまなデメリットを受けなければいけませんが、借金の返済に追われる生活をすることはなくなります。

任意整理の再交渉で月々の返済をラクにするという手段もある

どうしても自己破産はしたくない。でも生活が苦しい。

そういう場合は、一度任意整理の計画を立て直すという手段もあります。
これは債権者(お金を貸している側)との交渉によっては認められない場合もあります。
しかし、きちんと状況を説明して「返済をする」という意思さえしっかり見せれば、毎月の返済額を小さくしてくれる場合もあるでしょう。

こうして借金返済と生活費のバランスを取って、うまく生活できるように調整しましょう。
昨今では、生活保護の不正受給が話題になることが多く、お金で苦しむ生活が続けば「なら自分だって」と思われる肩も少なくないかもしれません。
しかし、生活保護は、「働きたくても働けない人のための救済制度」なのです。
働ける人が怠惰のためにもらっていいお金ではありません。

また、生活保護の申請が通ったとしても、「不正である」ということがバレてしまえば罰を受けることにもなります。

金夫くんのように「いつも税金払ってるんだから~」なんて考えではいけませんよ!
税金は私たちの生活を豊かにするために使われているお金です。
気付かないうちに税金の恩恵を受けているのです。

このページの先頭へ