任意整理を依頼したらいつから借金の取り立てがなくなるの?

任意整理で受任通知を出せば取り立てを止めることができる

そうそう、消費増税で封書の郵送代も上がってしまいましたからね。しっかりと取り立てさせてもらわないと。
これだけやってるんですから、しっかりともらうものはもらいますよ!

ということで、このサイトで何度か言葉が出てきている「受任通知」。
任意整理をした場合でも、最初にこれを債権者(お金を貸している側)に送ることになります。
そしてこの受任通知を受け取った債権者は、これ以上債務者(お金を借りている側)に取り立てをすることができなくなります!

この受任通知の効力は、受任通知が債権者に届いたその日から発揮されます。
なので、「今すぐ取り立てを止めたい!どうすればいい?」でもお話した通り、今日にでも取り立てを止めさせることができるんです。
もし受任通知を受け取っているのに取り立てを行なってしまった場合、「貸金業法21条1項9号」に違反したということになります。
つまり、違法になるんです!
貸金業者だってきちんとした企業の1つ。違法となれば手を出すことはできません。

自分で任意整理を行うと受任通知が出せない=取立てが止まらない

この受任通知は任意整理を正式に依頼した際に送ることになりますので、私たち弁護士だけではなく、認定司法書士の方でも送ることができます。
任意整理は債務者本人でも行うことができます。
が、この受任通知を送ることができるのは弁護士か司法書士だけですから、取り立てを止めることはできません。

というか、受任通知は「私、弁護士が金夫くんの代理人となって債務整理を進めることになったので、今後の連絡は弁護士までよろしくお願いします」というような内容を相手に送るものです。
自分で任意整理を進めると「代理人」という存在がいません。
なので、取り立ては引き続き受け続けるしかないことになってしまうんですね。

自分で任意整理を行うと弁護士費用がかからずにとてもお得なような気がしますが、こうして受任通知で取立てが止められること、交渉の進めやすさ、結果得られる任意整理の恩恵の大きさを考えると、断然専門家に頼んだ方がいいように思います。

このページの先頭へ