任意整理したら財産は全部処分の対象になるの?

任意整理では財産は処分されない

金夫くんは、借金の返済が片付いたら正しいお金の使い方を学ばなければいけませんね……。

それはさておき、「財産の処分について」の話をしましょう。
借金の整理というと、どうしても「財産を持って行かれてしまう」というイメージがありますが、これは自己破産の場合においてのみと考えておきましょう。

自己破産の場合は、「借金をチャラにする」という大きな恩恵を受ける訳ですから、お金の形をしていないお金になる物も持って行かれてしまいます。
家や車、宝石などが有名ですね。
それ以外にも、20万円以上の価値がある物であれば、保険も持って行かれてしまいます。

保険まで持っていくなんてひどい!と思われるかもしれませんが、「多額の借金をチャラにする」のも大変なことなんです。
貸した側からしたら返してもらえなかった分は丸損ということですからね。
なので、借金の額が低い場合は任意整理がいいんです。

任意整理は
「返済する意思はあるけれど、過払い金は返してください。今までがんばって返してきたんだから、将来の利息は多めに見てください」
という交渉です。

返済が前提なので債務者(お金を借りた側)に継続的な一定の収入が見込めなければ交渉ができません。

そしてこの「返済が前提である」ということから、財産を差し押さえたり、処分されたりするということはありません。
「返します」と言っているんですから、今無理に取り立てることが得策ではないことは債権者(お金を貸している側)もよくわかっていますし、法律もそれを許していません。

任意整理を始めたタイミングで使えなくなるわけではない

しかし、借金をする際に不動産を担保にしてしまった場合。
この場合は話が違ってきます。

担保というのは、借金が支払えなくなった時点でその物の所有権を債権者に渡すという約束をする代わりに、お金を貸してもらえる物です。
大きな借金でない場合、家を担保にしてまでお金を借りているというパターンはあまりないとは思います。

しかし、担保にしている場合は、たとえ任意整理であってもそれを持って行かれてしまうということは覚えておきましょう。
大切な物は安易に担保にしないことです。

また、クレジットカードやローンで購入した物で、支払いが終わっていない物があれば、それも持って行かれてしまう可能性があります。
基本的に、支払いを終えていない物の所有権は、債務者でなく債権者にあります。
少額で価値のない物であれば取り上げられない可能性もありますが、価値のある物であれば取り上げられる可能性は大です。

債務整理をする前に自分の身の周りの物を確認し、失ってしまって困る物がないか確認してから債務整理を進めていきましょう。

まぁ、金夫くんのブレスレットは価値がないので処分対象外になるでしょうね。

このページの先頭へ