ブラックリストに載ると一生消えないの?

5~10年でブラックリストからは削除される

スーツを着てカチッとしている女性がかわいいものが好きではないと思ったら大間違いです!(開き直り)
この後、ずっと金夫くんがニヤニヤしていたのが本当に悔しくて、相談料を上乗せしてやろうかと思ったわ……。

それはさておき、ブラックリストについてお話をしましょう。
結論から言いますと、ブラックリストに登録されてしまうと、しばらくの間、クレジットカードは作れなくなってしまいます。
もちろんクレジットカードだけでなく、ローンを組んだり、新たにお金を借りたりということにも制限がかかります。
しかし、これは一生続くわけではありません。
大体、5年から10年程度時間が経てば登録抹消されますので、それまでの我慢ということになります。

ブラックリスト=信用情報機関の事故情報

ところで、「ブラックリスト」という言葉はとても有名ですが、実際にどんなものかご存知ですか?
このサイトでも何度か言葉が出てきていますが、お金の貸し借り情報を管理する「信用情報機関」という会社があります。
債務整理や返済の滞納をすると、この機関に「事故情報」が登録されてしまいます。
この事故情報が登録されている状態がいわゆる「ブラックリストに載っている」という状態なんですね。

なので、ブラックリストに載るようなことをした覚えがないのにクレジットカードが作れないなどの問題が発生した場合、信用情報機関に連絡して情報を取り寄せましょう。
これでブラックリストに載っているか否かがわかります。

債務整理をすると、借金を減らし、現在の生活を立て直すことができるというメリットの裏に、こうしたデメリットが存在しています。
債務整理をする際は、覚悟をしておくようにしましょう。

余談ですが、過払い請求をしただけなのにブラックリストに載ってしまったという話を聞いたことがあります。
実際、過払い請求だけではブラックリストに登録されることはありません。
本当に過払い請求以外に身に覚えがない場合は、登録取消を申し出ると取り消してもらえることがあります。

しかし、絶対に取り消されるわけではありません。
こうした場合にも、個人ではなく弁護士などの専門家に相談をすると事がうまく運びやすいでしょう。

ちなみに金夫くんは、信用情報機関のブラックリストだけでなく、今回の件で私の中のブラックリストに入っています。

このページの先頭へ