借金を整理したら、就職・転職などデメリットはある?

借金を整理しても仕事への影響はない

まぁ、本当に借金仲間がいるかもしれませんけどね……
お互いが腹のうちを晒しあうまでは、そうそうバレることはありません。

なんと、自分から話すまでは、家族にだってバレることはないんですよ!

債務整理前に、借金返済催促の封書や電話が来てしまったらどうなるかはわかりませんが……
そうなる前に債務整理!ということですね。

「払えない!」と思ったら、早め早めに債務整理に動き出すべきですね。
このサイトのトップページにある債務整理シュミレーターを使って、実際に債務整理をするとどうなるか試してみるだけでも気持ちはかなり変わると思いますよ。

答えが垣間見えるだけで、行動する意欲につながることもありますからね。

微々たる可能性としてバレる例を挙げておくと、「官報で名前を確認されてしまう」というパターンです。
官報というものは、いわば国が発行している広報のようなもので、政府刊行物を取り扱っている書店であれば誰でも買うことができるものです。
「個人再生」、もしくは「自己破産」をすると、官報に名前が掲載されることとなります。

「じゃあ、バレることってあるんじゃん!」と思った人、いるかもしれませんね。
しかし、あなたは今まで「官報」という物の存在を知っていましたか?
ほとんどの人は官報の存在どころか、「政府刊行物が本屋で取り扱いされている」ということも知らなかったのではないでしょうか。

任意整理なら、官報にすら名前が載らない

インターネットで名前が公開されてしまうのであれば話は別ですが、官報は紙で発行されているものです。官報を購入して読んでいるという人は、一般の人ではほとんどいません。
そして、ほぼ毎日刊行されているものですので、あなたの名前が載っている号を探し当てるだけでも相当な労力を要するのではないでしょうか。

それに加え、官報に掲載されるのは「個人再生」、もしくは「自己破産」、そして「自己破産の免責を受けた時」です。
つまり、債務整理の中でも「任意整理」を選択すれば、官報にすら名前が載ることはありません。
絶対に名前を載せたくないという人は、任意整理を選ぶようにしましょう。

また、信用情報機関にあなたの借金情報は存在していますが、これはあなたが認めた相手でしか見ることができない仕組みになっています。
例えばクレジットカードを作る際に、クレジットカード会社が審査のために信用情報を調べたいということで、あなたに「信用情報の閲覧許可」を求めてくることがあります。
これに署名・捺印をして許可をすれば、初めて本人以外の許可をもらった人(組織)があなたの信用情報を閲覧することができるのです。

就職・転職活動をしたとして、ここまで調べ上げる会社というのは普通ありません。
もしあったとしたら、逆にその会社はこちらからお断りするべきかもしれませんね。

安心して転職活動をしてください。

このページの先頭へ