借金整理って何?お金を返さなくていいということ?

債務整理とは「借金を返すための借金の整理」

まったく、金夫くんはお気楽ですね。
債務整理はまず申し込みから!「債務整理をしようかな?」と考えただけで債務整理をしたつもりになっていては何も解決しませんよ。

金夫くんにも話した通り、債務整理をすれば全ての借金がキレイになるとは限りません。
「債務整理をしたから、今日から自由だ!」なんてことにはならないので、覚えておいてくださいね。
債務(借金)が免責される(払わなくてもよくなる)かどうかは、借金や債務者の状況で判断されるんです。
自己破産を申し込めば、条件なしで借金はチャラ!なんてことはないんですよ。

どうしても返せない状態であれば自己破産しかありません。
例えば、借金の金額が大きすぎてどうしようもない状態だったり、借金をしている本人が病気やケガで一生働けなくなってしまったり……。
そういう場合には、自己破産を選択するしかないでしょう。

返さなくていいデメリットが大きすぎる「自己破産」は最後の手段

しかし、がんばれば借金が返済できる程度の金額であったり、返済のために働ける健康な体を持っているのであれば、自己破産は認められない場合もあります。そもそも、自己破産をお願いした弁護士が自己破産を薦めないでしょう。
自己破産には借金がチャラになるというメリット以外に、たくさんのデメリットもありますから、自己破産というのは本当に「最終手段」として考えておきましょう。

ここで「チャラにならないんだったら債務整理をする意味がない!」と考えるのは大きな間違いです。
債務整理をすることによって、利息が0になったり、月々の返済額が大幅に減額されたりと、何もしないよりも返済がかなりラクになるんです。
それだけでなく、任意整理をしたことで過払い金があることが判明した場合、そのお金が戻ってくることになります。
「過払い金がある」ということは、「お金を払いすぎていた」ということ。
つまり、すでに借金は完済状態になっているということなんです。これ以上、返済をしなくて良くなります。
しかも払いすぎていたお金は手元に戻ってくるんですよ。
まだ借金をして日が浅い人はこうした状態になっていることはまれですが、何年も返済を続けている人は任意整理をする価値が大きいのではないでしょうか。

このページの先頭へ