家族が作った借金も返さないといけないの?

借金は個人の問題。家族の借金を返済する義務はない

この若さでオレオレ詐欺に引っかかるなんて、金夫くんは人が良すぎるというかなんというか……でも、払ってしまう前に私に話してくれてよかったわ。
みなさんも、こうした怪しい金銭の要求には簡単に従わないでくださいね!
こうした詐欺が原因で借金を背負ったという事例も少なくありませんから。お金で苦しまないためには自衛はとっても大事なことです!


……話がそれましたね。
例え家族であっても、保証人になっていない限りはあなたに返済義務はありません!
そりゃあもちろん、家族ですから、心配になって払ってしまうということもあるでしょう。
しかそれは100%善意によって行われている返済であって、義務による返済ではありません。
「親の借金を子が返しているという話を聞いたことがある」なんて話をされても、「それは義務ではなく、義理で行われていることなので強制力はない」と返事をしましょう。
その後、親子関係が変化してしまうかもしれませんが……そこは家族間で解消すべき絆の問題です。

しっかりと話し合って、後に引きずらないようにしましょう。

もし業者から返済を催促されたら、勝手に保証人にされているかも

借金をしている本人が失踪したため、「代わりに返済をしなくては……」という義務感に駆られて返済する人もいるようです。
が、失踪しても借金はその人についていっています。借金だけが居残るなんてことはあり得ません。なので、責任を感じて払わなくてもいいんです。
今回、金夫くんは「お父さん」の件で私に相談してくれましたが、家族の立場が違っても同じです。それが夫や妻であっても子どもであっても、返済する必要はありません。

このことは、一般的な消費者金融であれば知っているはずなので、債務者と保証人以外に返済を要求してくることは考えられません。
1つ考えられるとすれば、保証人の欄にあなたの名前を勝手に使われたということですね。
「どうせ返せるだろう」と気軽に自分の家族の名前を書いてしまう人も少なからずいます。

しかし、その保証人の契約には強制力がありません。
本人が書いた物であるかどうかは、筆跡などで明らかになるでしょう。
知らないうちに自分の名前を書かれていたからといって、返済する必要はないのです。

きっぱりはっきり「保証人になっていません」と返答し、すぐに弁護士に相談しましょう。

このページの先頭へ