債務整理後に支払いが遅れると差し押さえられるの?

返済を滞納すればペナルティも避けられない

……もしかして、あの怪獣を操っている猛獣士は私かしら?
金夫くんの中では私はそういう印象になっているのね……へぇ……ちょっと相談料上げようかしら。

債務整理をすると、なんだか「全部終わった!」という感じがしてしまって、気が緩んでしまうということもあると思います。
だけど、自己破産で免責を受けて借金をチャラにするか、過払い金が多すぎて借金がチャラになったという場合を除いて、基本的に債務整理後も借金の返済は続いていきます。原則3年での完済を目指すプランが立てられるのです。
もちろん、この3年をかけた返済は、返済するべき金額が安くなったり、月々の返済額を少なくすることができたりと、債務整理をすることによって生まれたさまざまな恩恵を受けながらの借金返済です。
元の借金返済生活よりも、断然ラクに返していけるでしょう。

それにも関わらず返済を滞らせたりすると……差し押さえをされる可能性は充分にあります。
もともと返済が苦しくって債務整理をしたことは向こうもわかっていますから、1ヶ月程度は大目に見てくれることがほとんどです。
しかし、2ヶ月も滞納すると、ペナルティが発生する可能性が大きくなります。

差し押さえ以外にもある怖い「ペナルティ」

「差し押さえ」という言葉ではなく「ペナルティ」という言葉にしたのは、差し押さえ以外のペナルティを受ける可能性があるからです。

例えば個人再生の場合、再生計画が取り消されてしまう場合があります。
そう、債務整理をする前の状態に戻ってしまうんです!せっかく債務整理をしたのに、全く意味がなくなってしまいます。
のっぴきならない事情がある場合は考慮される場合もありますが、そうでない場合はペナルティを受けることとなるでしょう。

「どうせ差し押さえられる財産なんてないし~」とたかをくくっているあなた。
あなたには、毎月入ってくる「給料」という財産はありませんか?
給料を差し押さえられて、給料がもらえなくなってしまうことだって考えられるんです。そうなるともちろん生活も困りますね。

そうならないためにも、理由のない滞納は絶対にしないようにしましょう。
もしどうしても今すぐ支払えない理由がある場合は、滞納する前に先に返済先に連絡・相談をした方がいいでしょう。

先に連絡をすることで、ある程度返済を待ってもらえる可能性もあります。

このページの先頭へ