今すぐ取り立てを止めたい!どうすればいい?

取立てを止めたいのなら今すぐ債務整理を

金夫くんはこっちからどんどん引っ張っていってあげないとダメね!

どうしようもなくなった借金はジャンジャン債務整理していかなくっちゃ、ぼんやりしている間にもどんどん借金は利息で膨らみ続けているんだから……
「もう払えない!」と思ったら、すぐに債務整理を考えましょう!

さて、上で言った通り、受任通知を消費者金融などの貸し手側に送ることによって、今日にでも取り立てをストップさせることができます。本当にすぐに止めることができるんです。
これは「貸金業規正法」によって定められていることで、これを受け取ると債務者(借金をしている本人)に借金の取立てをすることができなくなるのです。
借金の取立ては弁護士側に行くこととなり、そこから話し合いが始まるというわけですね。

この受任通知は債務整理をお願いした時点で何も言わなくても送ってくれる弁護士がほとんどですが、不安な場合は先に「受任通知をお願いします」と言っておくといいかもしれません。

受任通知が相手に届けば相手は取り立てができなくなる

ただし、取立てが止まるのは「受任通知が相手に届いてから」です。
相手に届くまでは、相手も受任通知が出されていることを知る術がありませんからね。これはしかたのないことです。
一日でも早く止めたい!今日にでも止めたい!という人は、速達で出してもらえるようお願いしましょう。

借金をしている人の中には、取立てが辛すぎて心を壊してしまう人もいます。心を壊してしまっては、人生は楽しめません!
借金をしてしまったことは反省するとして、前向きに考えるためにも、早めに債務整理をお願いして受任通知を出してもらいましょう。

受任通知は、弁護士か司法書士からしか出すことができません。というより、任意整理を除いた全ての債務整理は、弁護士か司法書士以外は手を出すことができないのです!
トップページにある債務整理シュミレータなどを使って、まずは相談することをオススメします。

たまに、行政書士やNPO法人が債務整理の広告を出していることがありますが、こうしたところには絶対に頼らないでくださいね。高額な報酬を取られてしまったりと、後悔することになりかねません。
必ず、弁護士か司法書士を頼ってくださいね。

このページの先頭へ