滞納した税金も任意整理で減らすことができるの?

滞納した税金は借金ではないので任意整理できない

めずらしく金夫くんが自分から動いてくれたわ!これまでがんばってきた甲斐があったってものね……。
これからはしっかり払って行くつもりはあるみたいだから、ここのところは優しく見守っておくこととしましょう。

金夫くんにも説明したとおり、国民年金や住民税、健康保険料などはどんなに腕利きの弁護士が説得しても免除してもらえません。
まぁ、国に払わなければいけないお金ですからね。免除できないという点も納得がいきます。

国民年金は置いておくとして、税金や健康保険料は【昨年度】の年収で支払額が決定してしまうということが滞納の大きな原因になることがあります。
昨年と今年で大きく収入が変わってしまっている人が払えなくなってしまうということが少なくないんです。
だからといって払わないで放っておくと、「滞納」扱いされて大変なことになってしまいます。
下手すると差し押さえをされることもあると言われていますから、できるだけきっちり払い、払えない場合は早めに役所に相談に行くべきですね。

払えないと嘆く前に役所に相談。分割払い対応をしてくれることも

滞納する前に役所に相談しておくと、いろいろな提案をしてくれます
分割払いをOKしてくれたり、利息を免除してくれたりとその人が支払える形の支払い方法を提案してくれるんですね。

特に年金は、滞納した後の免除は難しいですが、滞納する前に相談に行けば免除してくれる場合もあります。
だめでもともと、とにかく相談に行くことが大事です。

「絶対に支払わなくちゃいけない!」という義務感から、消費者金融などでお金を借りて支払ってしまう人もいるそうですが、これはあまり良い選択とはいえないでしょう。

まず利息の面で考えると、役所に相談して分割払いにしてもらった利息の方がずっと安くなります。
また、役所に相談して分割払いなどにした場合は信用情報に影響はありませんが、消費者金融を利用してしまうと影響が出てきてしまいます。
そうした点を考えると、借りて払うということは避けた方がいいでしょうね。

滞納しないのが一番ですが、どうしても支払えない場合は最寄の役所まで!

このページの先頭へ